iPad販売にみられる不振 特にアジア新興国の進出には課題残る

ざっくり言うと

  • アップルが20日に発表した2014年第4四半期決算について考察している
  • iPad需要の一部はiPhoneに飲み込まれ、iPad販売台数は大幅な減少を記録
  • 高価なため新興国で成長できないことも減速の要因となっているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング