インターネットがTVの未来を問う! DOMMUNEが61年間の日本TV史を解析

写真拡大

映像作家・宇川直宏さん率いるライブストリーミングスタジオ兼チャンネル・DOMMUNEが、10月24日(金)の生放送を皮切りにスタートする新企画「THE 100 JAPANESE TV CREATORS」Presented  by PROMISEの詳細を発表。

61年間の日本TV史を、インターネット側から愛と希望とポジティヴな批評を込めて、独自解析する100の番組シリーズとなる。

インターネットからTVの未来を問う


かつてお茶の間の三種の神器の一つとして愛されたTVの未来はどこにあるのか? その疑問を起点に、テレビ番組制作に関わるプロフェッショナルを招く100本のトーク番組。

ゲストには、著名タレント、女優から大御所歌手、アイドル、凄腕司会者、さらには監督やアニメーター、俳優、放送作家、そして音響技師から美術監督、スーツアクターまでを幅広く迎える予定。

すでに発表されているところでは、還暦を過ぎてからインターネットタレント・YouTuberとして再始動したことも話題を呼んでいるタレントのルー大柴さんらが出演する。

また、第1回目の放送となる10月24日の17時30分から23時30分までの生放送中に限り、現在DOMMUNEの配信スタジオが引っ越している3331 Arts Chiyodaで開催中の現代美術解析プロジェクトの展示エリアにも無料で入場できることも決定。

3331とのコラボ企画の一環


reIMG_8539

「DOMMUNE University of the Arts -Tokyo Arts Circulation-」


DOMMUNEは、日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネルとして、2010年3月の開局以来、同時視聴者数平均約10,000人、トータル視聴者数は4,500万人を超えるトーク&DJライブを全世界に発信し続けてきたインターネット放送局。

現在、スタジオを3331 Arts Chiyodaに引っ越し、11月3日(月)まで現代美術解析プロジェクト「DOMMUNE University of the Arts -Tokyo Arts Circulation-」の展示を開催。

同時に、現代日本を代表するアーティスト100人の個人史をひもとくインタビュー番組シリーズ「THE 100 JAPANESE CONTEMPORARY ARTISTS」も行っている。

その第1弾として、11月2日(日)まで、建築家の横尾忠則さんや美術家の会田誠さん、アーティストのChim↑Pom、チームラボ代表の猪子寿之さんら、豪華な面子が出演している。