「サムスンショック」の影響で電池を供給する日本企業に大打撃

ざっくり言うと

  • 日立マクセルは22日、コスト削減策として早期退職者を募集すると発表した
  • 対象は社員2500人のうち、5%前後となる見通しだという
  • サムスンに電池を供給してきたが、スマホシェアが急落し、受注が減っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング