イベント終了後、子供たちと記念撮影!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ブリヂストンオープン 事前情報◇22日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>
 招待選手として「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」に出場するブラント・スネデカーが記者会見後に、地元小学校の子供たちが参加するイベントに出席した。
B・スネデカーはブリヂストンの“大使”!?「プレッシャーを感じる」
 イベントは子供たちによる記者会見体験。スネデカーは本職の記者顔負けの質問に笑顔で受け答え。“ライバルの選手は?”という問いには、「今週は今田竜二選手。PGAツアーで一緒にプレーする友達だからね」と答え、“先週の日本オープンで池田勇太選手が優勝しましたが、どう思うか?”という質問に対しては、「同じブリヂストンゴルフの選手としてとても喜ばしいこと。今週も彼に勝って欲しいと思う気持ちもある」と子供記者たちに語った。
 「ゴルフをやっていて一番楽しいときはどんな時ですか?」という最後の質問には、「サンデーアフタヌーン。日曜日の最後の9ホールを戦っているときが、自分のゴルフがすべて出せるかどうかを考えながら、緊張感を持ってプレー出来ている時が一番楽しいよ」と勝負師としての顔を覗かせた。
 時折みせるスネデカーの屈託のない笑顔を見た子供たちは一瞬でファンになったに違いない。「やさしい笑顔のお兄ちゃん」を応援しに会場へ足を運ぶことだろう。「スネちゃん頑張って!」とエール受け、子供たちに「優勝する自信はもちろんあるよ」と約束。今週のサンデーアフタヌーンは楽しみながらプレーするスネデカーの姿に期待しよう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】開幕2試合、それぞれの意義
毎週厳選フォトをアップ!「女子プロ写真館」
総勢100名以上の美人ゴルファーを紹介!「美ゴ女」