栩内香澄美被告が悩みの種だったASKAの「モデルの愛人」を暴露

ざっくり言うと

  • 東京地裁で21日、栩内香澄美被告の覚醒剤使用事件の第4回公判が開かれた
  • ASKAにモデルの愛人がいたことを暴露し「出会ったころから悩みの種」と発言
  • 法廷では、ASKAへの愛憎をにじませ、自らの潔白を訴えていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング