「メイソウ」高田馬場旗艦店

写真拡大 (全2枚)

 いまや日本人の生活に100円ショップは欠かせない。最近では、よりデザインを重視した品が選べる300円ショップも増えている。この300円ショップの中国版で、ダイソーの手軽さと、ユニクロや無印良品のスタイルを参考にしたと言われる「MINISO(メイソウ) 名創優品」が7月に池袋本店、9月に高田馬場旗艦店を開店した。日本公式HPで唱えるコンセプト「名創優品ブラ歩き」をしに、各店舗へ出かけて買い物をしてみた。

 池袋店と高田馬場店で5点ずつ購入した商品の価格は、池袋店で購入したバッグだけ300円だが、他はすべて200円である。

■池袋店での買い物5点
・目覚まし時計―直径15センチほど。単3電池対応で、電池は自分で購入のこと。そのままでも自立するが、壁掛けにもなる。

・電卓―電池のいらないソーラータイプ。購入した水色だけでなく、白、ピンク、黄色など多色展開している。「MINISO」のロゴ入り。

・フルーツメモ帳―果物の切り口がメモ帳になったシリーズ。リンゴやトマトなどが並んでいたが、珍しいタマネギをチョイス。使い方メモとクリップが1個ついてくる。

・鉛筆セット―鉛筆9本と鉛筆削り器、消しゴムがプラスチックのケースに入ったセット。鉛筆にメーカー名の記載はなし。

・ショルダーバッグ―この商品だけ300円。サイズが小さいバッグは200円で売っていた。購入したのはクジラのイラストだが、他にライオンやネコなどほかの動物のかわいらしいイラストも。

 池袋店にはほかにブラシやスリッパ、パンプスなど、女性向けの商品がゆったりした間隔で陳列されていた。100円ショップにありがちな、密集した圧迫するような並べ方はされていない。そして、商品をみた女性からの評判も悪くない。

「旅先で急に必要になったけれど定価で買いたくないものってありますよね。でも、他の持ち物とバランスがとれないようなかわいくないものは欲しくない。そういうとき、シンプルなデザインの生活雑貨が200円や300円で買えるなら、利用したいな」(30代の団体職員女性)

 一方の高田馬場店は、普段の生活に密着した品ぞろえだ。

■高田馬場での買い物5点
・スマートフォン用バンパー―Gernamyとパッケージにあるが、おそらくドイツ在住の中国人デザイナーによるシンプルなバンパーケース。

・イヤホン―ウサギのパッケージがかわいらしいステレオイヤホン。予備用イヤーピースが一組、付属している。

・USB充電器―USBケーブルを接続することで、AC電源から充電ができるアダプター。グリーンやピンク、パープル、白など多色展開している。

・カードケース―ネックストラップ付き。表、裏、真ん中と3か所、カードを入れられるようになっている。

・ソーイングセット―12色の糸、縫い針、指ぬき、はさみ、爪切り、安全ピン、ホック2組、メジャーがコンパクトにケースにおさまっている。

 高田馬場店は旗艦店というだけあって、池袋店よりかなり広い。陳列されている商品の種類も豊富で、次から次へと若い女性客が来店していた。

「スマホの周辺機器があるのは嬉しいですね。量販店や駅前のドン.キホーテにもありますけど、キャラクターものか、白か黒。もっとシンプルでポーチの中にあっても浮かないものが欲しいのに、意外にないんですよね。欲を言えば、充電ケーブルも売っていると嬉しいな。中国のメイソウにはiPhone用のケーブルもあるんでしょう?」(女子大学生)

 中国でメイソウが出店しはじめたころ、日本人の間では「面白い出来事」としか受け取られなかった。しかし、いざ日本に逆上陸した店舗をみてみれば、まじめに女性向け雑貨を扱っており、店を訪れる女性の評判も悪くない。

 日本発祥を唱えるブランドなので、商品パッケージには少しぎこちない日本語のキャッチコピー「今の生活が好き!だから、名創優品」「”明奏(MEISO)”の一瞬を!」等と書かれているが、どれも中国製だ。しかし、それは世界で展開するうえで問題にされないのかもしれない。

 イギリスのアパレルメーカー、スーパーグループが展開するブランドに「Superdry. 極度乾燥(しなさい)」がある。不自然な日本語をロゴに用い、10年前にロンドンに出店、ベッカムなど有名人に愛用者を増やし、現在ではアジアや中東も含め40か国以上に進出、世界的ブランドに成長している。最近では、アディダスがカタカナをデザインに使用している。少しぎこちなくても、世界で日本語はファッションとして歓迎されているのだ。

「メイソウ」のぎこちない日本語も、クールジャパンと受け取られる日が来るかもしれない。