シリアの反体制派組織に入った日本人男性「死を覚悟した」

ざっくり言うと

  • シリアの反体制派組織の一員に入った男性が、新聞社の取材に応じた
  • 刑務所襲撃作戦に加わり、政府軍の砲撃を受け両足を負傷し帰国
  • 「攻撃だと思った時には、体が飛ばされていた」と当時を振り返っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング