「ダイエットシェイクをホットで飲めること」について魅力を感じる理由

写真拡大 (全2枚)

 アサヒフードアンドヘルスケアのダイエット食品ブランド『スリムアップスリム』は、ダイエット意向を持つ20歳から59歳の女性を対象に、インターネット調査で「ダイエット食品受容性調査」を実施した。

 「ダイエットシェイクの利用時期」についての調査では、シェイクが最も飲まれる時期は、夏に向けた準備が始まる4月、夏本番となる7月・8月が多く、秋冬は油断をしている人が多いという結果となった。

 「ダイエットシェイクの季節別の飲み方」に関する調査では、年間を通して「水に溶かして飲む」が最も高く、次いで「牛乳に溶かして飲む」が多いという結果になった。秋から冬にかけては「お湯に溶かして飲む」「温かい牛乳に溶かして飲む」という回答が多く、特に冬に「温かい牛乳に溶かして飲む」が夏期の5倍以上に増加していることがわかった。

 「ダイエットシェイクをホットで飲めることの魅力度」に関する調査結果では、全体の77.0%が「魅力的である」と答え、その理由として「寒い季節も飲みやすくなる」「からだを温めたい」「からだにやさしそう」「リラックスできる」などの項目が上位にランクインした。

 なお、調査でも注目が高かったホットシェイクに関連し、「スリムアップスリム シェイク」シリーズは、今秋よりパッケージをリニューアル。リニューアル記念として、「スリムアップスリム シェイク カフェラテ」にオリジナル耐熱マグカップを添付したセット商品が10月20日より、全国のドラッグストアにて数量限定で発売される。