「ボーナスで赤字補てん」をやめるだけでOK! 年48万円貯蓄アップできる家計管理のコツとは

写真拡大

決算をしてみてはじめてわかる
「お金が貯まらない理由」

 老後に向けてお金を貯めることができるのは60歳まで。にわか節約に取り組んでも長続きしないので、戦略的な貯蓄プランを立てることが必要といえる。最初に収入と支出の「決算書」を作ってみるのがお勧めだ。対策を立てるには、現状把握が欠かせない。そのために、ぜひ筆者考案の「決算シート」(もちろん無料!ダウンロード先は記事の後半で)を活用してみてほしい。

 私が考案した決算シートは「月単位」ではなく「年単位」で収支を出しているのがポイントで、とくに「毎月の支出」と「年数回の支出」を分けているのが最大の特徴だ。支出には、毎月経常的にかかるものと、固定資産税などの各種税金や、帰省費用や旅行費用などといった年に数回発生するものがある。「年数回支出」は、ボーナスから捻出しているケースが多いので、ボーナスの収支の実態を把握するためにも「年間」でまとめて見るのが重要なのだ。まずは、サンプルの図を見ていただきたい。

 この決算シートはコンサルティングで実際に使っているもので、事前にシートを送付して相談者に作ってきてもらう。当日、作った本人に「決算してみてどうでした?」と感想を尋ねてみると、自己反省点が次から次へと出てきて興味深い。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)