サムスンの工場で白血病が多発? 発がん性物質が使われていた可能性

ざっくり言うと

  • サムスン工場の化学物質によって、従業員が白血病を発症したという
  • 8月21日、ついに裁判所が因果関係を認めた
  • 産業医によると、発がん性が認定された物質が使われていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング