仕入れはほとんどネットメインという香来氏。専門分野では足を使うことよりも、知識を磨きたい
懸命に働いてもなかなか給料が上がらない昨今、副業として人気の“ネット転売”は本当に儲かるのか? 転売事情通や実践者のアドバイスをもとに、転売ド素人の新人記者が1か月でどこまで利益を出せるかチャレンジした。

◆BL転売の鉄則

 ライバルの多い転売において、得意なジャンルを持つのは有効な手だ。もともとBL(ボーイズラブ)物に詳しかった香来明良氏は、今や転売で毎月30万円を稼ぐという。だが、初期のころには思わぬトラブルもあったという。

「転売にリサーチはつきものですが、BLはランキングの数字を鵜呑みにするだけでは失敗します。私もかつてはそう仕入れていましたが、全く売れず、カードの支払いが危なくなりました」

 香来氏によれば、取り扱う商品について、自分で調べて知識を積み重ねていくことが重要だという。

「まず狙い目は、実写映画化されるマンガなどの関連商品です。BLの場合はCD、DVDといった付録のついている商品はアマゾンで売れ行きをチェックするようにしましょう。あとは、人気声優が使われていたり、会員限定のサービスの商品だったりすると価値が高まります」

 付録つきの商品には、転売することによって4倍の値段になるものもあるという。マニアックな商品の転売をするなら、なによりもそのジャンルに精通することが利益への近道だ。

【香来明良氏】
サラリーマン在職中からネットビジネスを始め、退職後にせどりやアフィリエイトを本格化。現在はBL転売に特化し、ブログやメルマガで情報発信も行う。文章術やネットせどり術の講師も務める

― ド素人がネット転売で稼ぐ6つの鉄則【4】 ―