シャープペン x スタイラスのハイブリッド・デザイン:ドイツ製「ROTRING 800+」レヴュー

写真拡大

美しいフォルムにシャープペンシルとスタイラスを両立。ペン先を収納した際の先端部分がスタイラスとなる、斬新な「ハイブリッド・デザイン」の書き心地を試してみた。

「シャープペン x スタイラスのハイブリッド・デザイン:ドイツ製「ROTRING 800+」レヴュー」の写真・リンク付きの記事はこちら

WIRED
シンプルな機構でシャープペンシルとスタイラスを両立
ペンとしてもスタイラスとしても、適度に重く書き味が良い

TIRED
シャープペンシル専用でボールペンの設定はなし

実用的なアイデアを形にする--そんなドイツ人気質を表すような製品がぼくの元に届けられた。1928年にハンブルクで設立されたROTRING社の800+は、その形を持ってiPadやタブレット、スマートフォンを操作するスタイラスによる操作と、0.7ミリのシャープペンシルを一体化させた、メタル素材の無骨な六角形をしたペンだ。手に持つと、ズシリとは大仰だが、手に適度な重量感を感じるくらいの重さがあった。

さては左右に回す回転式ノップタイプによりシャープペンのペン先、スタイラス用のペン先が繰り出すマルチな機構だろうと実物を手にしてみると、予想と少し違った。

「ハイブリッド・デザイン」による高い機能性

回転式ノックを繰り出すのはシャープペン部だけで、ペン先を収納した際の先端部分こそが、タブレット操作をするペン先の役割を果たしているのだ。ROTRING社はこれを「ハイブリッド・デザイン」と呼んでいる。

そう、何も無理に回転式ノックの構造に組み込まなくても、シャープペンシルとスタイラスは両立するのだ。
いざ、そのROTRING 800+の機能性に気付くとタッチパネルの操作が快適になる。

まず、ぼくは普段iPadを使う際には指先でスワイプして操作しているが、ROTRING 800+は適度に重量感があるので、その自重でiPadを机に置いたままのスワイプも力を入れずに行える、これが実に快適なのだ。

ペンとして生まれ、製図用のペンのように描画の際の助けにもなる金属の重みあるつくりは、タブレットをペン操作する際にもスムーズさに繋がるというのは、ぼくがROTRING 800+を使い続けた興味深い発見だった。

ちなみに、iPadのほかにも静電容方式のタッチパネル、即ち普段は指先で操作するタイプのタブレットであれば機種を問わずに動作する。

シャープペンとしても優れもの

もうひとつは、シャープペンシルとしての書き味の良さ。ぼくは決して文房具の専門家ではないのだけれど、尖端分に向けて伸びるガイドスリーブが長く芯を保護してくれるだけでなく、文字を書いている最中にも筆記箇所が隠れない。それに、タッチペンと同じく、ROTRING 800+の自重は紙に文字を書く際にも幾分か楽にさせてくれる。ハイブリッド・デザインであっても、シャープペンシルとしての機能性はROTRING社本来のものなのだ。

尚、シャープペンシルの芯はぼくが使っているのは0.7ミリのタイプだが、0.5ミリのタイプでオーダーすることもできる。ボールペンによる構成を、というオーダーはできないようだ。

さて、ROTRING 800+をどんな風に使いこなせばクールかと思い浮かんだのがiPhone 6、iPhone 6 Plusとの組み合わせだ。

従来世代よりひと周り大きくなったiPhone 6、iPhone 6 Plusは、片手の操作よりもむしろ、手帳型ケースに入れて据え置きで使う用途に向くようになった。そんなときに普段は手帳でメモをしているROTRING 800+で操作をしたら--手帳型ケースによる紙のメモもiPhoneもROTRING 800+でハイブリッドに操る。そんなシーンが浮かぶことも、ROTRING 800+の魅力によるものなのだ。

[ROTRING]

TAG

CreaCreativityDesignGadget TestWIRED Promotion