アジアの障がい者スポーツの祭典、アジアパラ競技大会が韓国・仁川で開催されている。3日目を終え、日本の競泳陣が活躍し、19、20日の2日間で、金メダル11個を含む計28個を獲得。今大会は、10代の若い女子選手たちが存在感を放っている。なかでも、ひときわ注目を集めているのが、日本選手団最年少の16歳、高校1年生の池愛里(東京成徳大高)だ。初戦の50m自由形(運動機能障害)で金メダル、100mで銀メダルを獲得した。

 池の障害は、左足首の機能障害。小学3年生のときに悪性肉腫を摘出する手術を受け、その影響で左足首から先を思うように動かすことができない。しかし、リハビリで始めた水泳を本格的に始めると、もともとの運動神経の良さもあってメキメキと上達した。身長も年々伸び、現在は177センチを超える。その長い手足を生かした、大きなストロークが武器だ。

 19日に優勝した50m自由形のタイムは29秒93。出場した7人の選手のうち、ただひとりだけ30秒を切る圧巻の泳ぎだった。レース後は取材陣に対し、「金メダル、とても嬉しいです」とコメントし、まだ、あどけなさが残るさわやかな笑顔を見せた。だが、すぐに凛としたスイマーの表情に戻り、「自己ベストに届かなかったので、タイムには納得していない」とも話した。

 自己ベストを更新するためには、スタート後の浮き上がりからの泳ぎが課題、と自らを分析する。翌日に行なわれた100m自由形では、その課題をきっちりと修正することに成功。ところが、前半はトップで折り返したものの、終盤に中国の選手に追いつかれて、結果は約1秒差の2着。自身が持つアジア記録も塗り替えられ、池は茫然とした表情で電光掲示板を眺めた。レース後、涙が止まらなかった。

 インタビューでは「練習ではとてもよい泳ぎができていたのに......。明日は自分の泳ぎをしっかりしたいと思います」と言葉を絞り出しながら、涙をぬぐった。

 イメージ通りのレースができなかった悔しさ、そして本番で結果を残す難しさ。注目が集まる大きな大会でのこの経験をバネとし、さらなる成長へとつなげてほしい。

 ちなみに、IPC(国際パラリンピック委員会)が発表している世界ランキングでは50m自由形で13位、100m自由形は11位(10月20日時点)。アジアから世界に目を向ければ、力の差は歴然だ。だが、まだ16歳。技術的にはこれから大きく伸びる可能性を秘めている。2年後のリオデジャネイロパラリンピック、そして2020年の東京パラリンピックに向けてどんな泳ぎを完成させていくのか。これからが楽しみなスイマーだ。

 彼女が、最初に大きく成長した姿を見せたのが、昨年のジャパンパラ競技大会だった。この日本最高峰の大会に中学3年生で初めて出場した池は、エントリーした4種目のうち50mと100mの自由形、100m背泳ぎの3種目を制し、鮮烈な印象を残した。この時、まだ水泳を始めて5年未満。それから1年経った今年の同大会でも、50m自由形で自身の記録を塗り替えて当時のアジア新記録を樹立するなど、異彩を放っていた。

 現在は、ロンドンパラリンピックで水泳のヘッドコーチを務めた峰村文世氏が、2013年に結成した、障害者の水泳チーム「峰村パラスイムスクワッド」で練習を重ね、リオや東京を目指している。

 そんな池が、「刺激を受けている」と話すのが、一ノ瀬メイ(京都市立紫野高/17歳)、森下友紀(昭和学院高/18歳)、鎌田美希(奈良県立高田高/17歳)ら同世代の女子選手たちだ。今大会、一ノ瀬は200m個人メドレーで銀、50m自由形で銅メダルを獲得。森下は200m個人メドレーで、また鎌田は400m自由形でそれぞれ3位に入るなど、結果を残している。障害のクラスが違うため池が彼女たちと同じレースに出場して競うことはないが、互いを支える存在として切磋琢磨していくつもりだ。

 21日は、400m自由形と200m個人メドレーに出場予定の池。「自分の泳ぎ」を追求するため、気持ちを切り替え、再びスタート台に立つ。

荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu