マツコ・デラックス

写真拡大

20日深夜放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスがTOYOTAの車・ソアラへの憧れを関ジャニ∞の村上信五に語った。

番組では「マツコ世代の流行と今の流行を比べてみた件」と題した調査VTRを放送。その中で、80年代後半に流行したソアラと、2014年の人気車種であるTOYOTA・レクサスを紹介した。

VTR後のスタジオトークでマツコは「4〜5年、車を運転してなかったから。運転慣れなきゃなと思って」と、車を購入したことを明かした。そのときに購入を検討したのがソアラだったのだという。

しかし、マツコは「古いからちょっとお金がかかっちゃうのよね」「故障とかした時に、こういう仕事してると色々と不便じゃない。高速で止まっちゃったりしたらさ」などの理由でソアラの購入は諦めたのだというが「ソアラ欲しい!」と未練たっぷりに訴えた。

また、VTRに登場したソアラについてマツコは「2000のツインターボでしょ。3000GTリミテッドがいいのよ。ツートンなの、3000は。後ろのライトも2000は2段2段なのよライトが。赤、白、赤って3段になってるの、3000は」と、細かな特徴を熱く語るほどソアラが好きなようだ。

そんな、マツコが購入した車は、奇しくもVTRでソアラと対比で紹介されたレクサスだという。マツコは「なんなのこのスタッフ。いろいろ調べてないか、私の生活を」とマツコの趣味を射抜いたVTRに恐怖を感じているようだった。

【関連記事】
マツコ・デラックスと有吉弘行が、すぐにゲームオーバーになる“即死ゲーム”「QWOP」に挑戦
マツコ・デラックスが松本明子と若林史江の胸をわしづかみ
マツコ・デラックスが日本人の国民性について指摘「根底に流れてるのはヤンキー気質」