「Live Paint DOJO 2014 EXTRA」

写真拡大

「教育」をテーマにしたライブペイントバトルの全国大会「Live Paint DOJO 2014 EXTRA」が、11月1日(土)に東京・ターナーギャラリーで開催される。

同イベントは2部構成となっており、第1部は男女別に分けられた全国の若手ペインターたちが1対1でぶつかり合い、頂点を決めるライブペイントバトルと、第2部として狩集広洋さん、SYUNOVENさん、HAMADARAKAさんといった、ペイントシーン第一線で活躍するペインターによるショートタイムでのライブペイントショーケースを行う。

また審査員として、アニメーターの森本晃司さんらが迎えられる。



優勝者は参加費の総額





ペインターであり、プロデューサーでもある山尾光平さんが主催するプロダクション・ARAHABAKI監修のもと、日本のストリートカルチャーの社会的地位向上を理念に、2012年に発足した「Live Paint DOJO」。

ライブペイントバトルでは、3時間という制限時間の中、ペインターが幅90cm、高さ180cmの白壁に直接描いて対決する。

勝敗はオーディエンス審査員による投票数で決定。参戦料は2000円となっており、優勝者はその総額を手にすることができる。終了後、壁面の現状復帰を原則とするため、スプレーなどの臭いの出る画材や元に戻せない画材はNGとなっている。

またライブペイントにおいて重要な音楽の演出として、音楽レーベル・THINKRECを主催するDJ DUCTさんやヒューマンビートボクサーの櫻井響さん、ターンテーブリストのL?K?Oさん、審査員兼任で森本晃司さんによるDJ・ライブが行われる。