紫外線で殺菌を行うダイソンの加湿器(動画あり)

写真拡大

ダイソンが、水を紫外線で殺菌してからミストにする加湿器を発表した。ミストを部屋全体に均一に送り出せる技術も使われている。ロボット掃除機に引き続き、日本で先行発売される。

「紫外線で殺菌を行うダイソンの加湿器(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ダイソンは10月20日(日本時間)、殺菌紫外線を利用した同社初の加湿器を発表した

同社によれば、この加湿器「Dyson Hygienic Mist」(ダイソンハイジェニックミスト)は、ミスト化される水のバクテリアを99.9%除去し、夜の睡眠をより健康で快適なものにするという。

この加湿器は、3つの技術を搭載している。水をこまかなミストにする超音波、バクテリアを殺す「ウルトラバイオレット・クレンズテクノロジー」、そして加湿された空気を部屋全体に均一に送り出す「エアマルチプライアー・テクノロジー」だ。

ダイソンの製品が他社の加湿器と最も大きく異なっている点は、部屋を加湿するために使う水の中のバクテリアを除去してから、空気を部屋に送り出すことにある。

ハイジェニックミストは、室内の温度と湿度の両方を測定できる「インテリジェント・サーモスタット」を搭載し、室内環境を可能な限り快適にしてくれる。また、水をタンクに1回入れれば18時間連続で使用でき、動作音も非常に静かなため、夜間でも睡眠が妨げられることはないという。

この加湿器は、「Dyson Hot + Coolファンヒーター」とよく似た製品で、搭載されている一部の技術は同じものだ。夏にはファンとしても使用できる。

ダイソンはこの加湿器を日本で発表した(同社初のロボット掃除機(日本語版記事)も、日本で発表、先行発売)。加湿器は、ダイソンの本社がある英国よりも、日本などの国で人気があり、広く使われている製品なのだ。

英国では、デパートチェーンのジョン・ルイスが2015年3月から独占販売する予定だが、価格はまだ明らかにされていない。日本での価格は税込63,504円

TAG

DysonHumidifierVideoWiredUK