パイプオルガンと歌で楽しむ!サントリーホールのクリスマス・オルガンコンサート

写真拡大

クリスマスシーズンに聴きたい定番の「クリスマス・ソング」や「イエス・キリストの誕生劇」を、パイプオルガンの荘厳な音色と美しいコーラスで堪能できる聖夜・・・そんなクリスマスが過ごせたら、きっと豊かな気分になれるかも!?

12月24日(水)に開催される「サントリーホール クリスマス オルガンコンサート2014 バッハ・コレギウム・ジャパンのクリスマス物語(パジェント)」は、聖夜にぴったりのひとときを味わえるコンサート♪ 第1部は、「きよしこの夜」や「もろびとこぞりて」といったなじみ深いクリスマス・キャロルと、バッハの「トッカータとフーガ ニ短調」など、オルガンの名曲で構成。そして第2部は、イエス・キリストの誕生までを描いたストーリーを、国内外で高い評価を得ているバッハ・コレギウム・ジャパンの合唱メンバーが歌で綴るというもの。それぞれの役割に扮したメンバーたちが、美しい歌声で分かりやすく演じてくれるので、キリスト降誕のエピソードを知らなくても、スッと耳から頭に入りそう。

「聖なるクリスマスをオルガンの美しい響きとともに過ごす、サントリーホール恒例の人気コンサートです。クリスマスにちなんだキャロルやオルガンの名曲を、クリスマスパジェント(イエス・キリストの誕生劇)にのせてお届けします。世界トップレベルの人気と実力を誇るバッハ・コレギウム・ジャパンの合唱とともにお楽しみください」と、広報担当の松原さん。

バッハ・コレギウム・ジャパンは、世界の第一線で活躍するスペシャリストばかりを集めたオーケストラと合唱団。その最高峰の演奏と合唱が、クリスマスの夜に一夜限りの演出で楽しませてくれると聞けば、これはもう自分へのごほうび「クリスマスプレゼント」にオススメ!