のこりものがたり

写真拡大 (全5枚)

 「世界食料デー」月間2014呼びかけ団体は、国連が定めた「世界食料デー」となる10月16日、電通と協働制作した“食べる”を考えるWEBムービー『のこりものがたり』を「世界食料デー」月間2014特設サイトで公開した。来年9月30日まで公開するという。

 「世界食料デー」月間である10月は、より多くの人に食料問題について知り、考え、行動してもらうための月であり、NPO・NGOが活動を強化し、その取り組みを周知させるために、広報ツール制作等で協力している電通とともに18本のムービーを制作した。

 ムービーでは、実際に残されたり、捨てられそうになったりしている食料に、目や口をつけた愛らしい「のこりもの」たちが、世界の食にまつわる問題をわかりやすく語っている。世界で9人に1人が食料が足りずに苦しんでいる事実などを、心に響くように伝えることで、食料問題を身近に考える初めの一歩になることを目指しているという。SNSへのシェアボタンや寄付先へのリンクをページ内に配置し、問題意識を共有し、実際の行動に少しでもつながるような仕組みなっている。