●会長はきらめく瞳で夢を見る

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©アトリエハイキー/内浜学園天文学会
<キャスト>
秋山奏:寺島拓篤
佐々木佳織:高田初美
古川ゆい:友永朱音
支倉愛理:瑞沢 渓
華宮凪沙:たみやすともえ
長船・KENNY・英太郎:山口勝平
東八重子:種敦美
深沢花梨:佐藤聡美
佐々木詩織:後藤邑子

●ストーリー
21世紀の初めの、秋の内浜地区。
内浜学園は歴代最高潮の盛り上がりを見せていた。
執行部を中心に開催される、各文科会最大の見せ場・総合学会。
それは新校舎建設とともに、廃校が決まった旧校舎での最後のお祭りだった。
当然、各文化学会の会長たちをはじめ、学生たちは総力をあげてこの最後の文化祭を成功へと導こうとしていた。
何度も賞を取っている美術会の展覧会、吹奏楽会総出演の大公演会、植物遺伝子の組み換えで実績のある生物学会。
実力ある学会が参戦の名乗りをあげる度に、士気は高まっていく。

そして――
その士気の高さは主人公・秋山奏が所属する『天文学会』への期待へとつながった

活動内容不明・研究未発表・だけど彼らなら何かが起こる、何かが起こせる。
そんな希望的観測を基に、この会に課せられた使命はただ一つ。
『各学会による過剰なお祭り騒ぎの鎮圧や活動障害の撤去、そして夏前から先駆けて始まった不思議な事件の解決』だった。

立ち上がる校内屈指のビッグネームな学会メンバー。

校内の騒ぎの裏にこの人あり、合気道の達人・部長の支倉愛理。
第三十三回・お嫁にほしい女の子選手権、二年の部ダントツ一位の佐々木佳織。
時季外れの寡黙な転入生、古川ゆい。
毒舌教師ブレイカー・華宮凪沙。
さらには天文学会兼、アメリカからの交換留学生・長船・KENNY・英太郎。

全校の期待を背負い、最後の文化祭に向けて彼らが動き出した――
●オープニング
華宮凪沙「ゆいさん、さっきの言葉、記憶が戻ったという意味かしら?ならば、あえて聞かないわ。」

古川ゆいは記憶が戻ったらしいのですが、彼女としては今のところ秘密にしたいようです。その理由は不明ですが…。
●支倉愛理と佐々木佳織
支倉愛理「うー、遅刻遅刻!」

今、学校に向かって全力疾走している私は何処にでもいるごく一般的な女子高生。しいて違うところをあげるとすれば、おっぱ○がすごく小さいってところかナ!名前は支倉愛理。

支倉愛理「遅刻回数がやばくってさ!」

とは言え、彼女が学校の成績自体は非常に良くスポーツも万能。但し、それが原因で周囲から浮いた存在になっていたようです。

支倉愛理と何となく仲良しになったのが佐々木佳織。佐々木佳織はどんくさいながらも、その笑顔と人柄で周囲を惹き付ける何かを持っているようです。

お昼休み、

支倉愛理「さっきのハードル走、すごかったわね!」
古川ゆい「一度覚えてしまえば後は同じことの繰り返しですから。」
秋山奏「すげえ、古川。愛理と同じだ。色も形も。俺のとは全然違う。」


※確かに古川ゆいの言い回しは支倉愛理が言いそうな台詞ではありますね。
●リロード?
再び柔道部と空手部の衝突が!そこで荒業担当の支倉愛理が出動することになるわけですが…。

古川ゆい「柔道部、足首に怪我…。」

古川ゆいが咎めたのは佐々木佳織。どうやら彼女が足首に怪我をする事を予知しているようですが…。

※その代わり、秋山奏が怪我をする羽目になります。このシーン、第1話でも見たような…。

話が混乱していますが、学園に出る幽霊の話。天文学会は調査を開始すると、本当に幽霊らしき存在が学生食堂に出没!

佐々木佳織、驚愕のあまり大股開きでパ○ティ丸出しじゃないか!

しかし、その幽霊は映画研究会のアトラクションだったようで。

※その中に本当の幽霊が混じっていたみたいですけどね!

「失われた未来を求めて」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「失われた未来を求めて」第2話「古川ゆい」(ネタばれ注意)
【アニメ】「失われた未来を求めて」第1話「天文学会」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「失われた未来を求めて」TVアニメ公式Webサイト
「失われた未来を求めて」AT-X公式Webサイト