●あるぴんはいます!

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©「SHIROBAKO」製作委員会
<キャスト>
宮森あおい:木村珠莉
安原絵麻 :佳村はるか
坂木しずか:千菅春香
藤堂美沙 :睫酲稟
今井みどり:大和田仁美
高梨太郎 / タロー:吉野裕行
本田豊:西地修哉
矢野エリカ:山岡ゆり
落合達也:松岡禎丞
瀬川美里:山川琴美
遠藤亮介:松本忍
木下誠一 / 木下監督:檜山修之
山田昌志:浜田賢二
円宏則:斎藤寛仁
下柳雄一郎:間島淳司
井口祐未:沼倉愛美
内田茜:高橋李依
渡辺隼 / ナベP:松風雅也
丸川正人:高木渉
杉江茂:小柳基
稲沢良和:岩田光央
佐倉良樹:高梨謙吾
新川奈緒:日野まり
堂本知恵美、中田恵理:伊藤静
興津由佳:中原麻衣
小笠原綸子:茅野愛衣

●ストーリー
シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事でありひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。
イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、
シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。
その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

そう、アニメの今がここにある・・・
●オープニング
何とか「えくそだすっ!」第3話の納品が完了した宮森あおい。第4話作画監督なのに無理言って第3話の原画までしてもらった瀬川美里の慰労のため、彼女の自宅を訪れたものの…。

宮森あおい「瀬川さん、瀬川さん!」

瀬川美里は高熱のため倒れていました。第4話の原画納品までの期限もあとわずか。宮森あおいは何とか彼女の代理を探そうと奔走する事になります。

結局、第4話の作画監督は別話担当の遠藤亮介に頼み込んで引き受けてもらったものの、これからが大変です。
●作画崩壊の危機!
「えくそだすっ!」監督の木下誠一。彼は最終話の絵コンテに苦労していますが、現在放送中の作品としては異常に仕上がりが遅いです。

それはさておき第3話のアフレコ収録。

※ちなみに「えくそだすっ!」での声優さんは伊藤静さん、中原麻衣さん、茅野愛衣さんだったりします。

その登場人物である「あるぴん」、木下監督としては色々と不満があるようです。

稲沢良和「何が不満なのですか?」
木下誠一「絵かな?」


彼の作品に対する拘りは分からなく無いわけでもありませんが、突然原画から全て描き直しを指示という暴挙!当然ながら彼の前科である作画崩壊作品はネット上では永遠に叩かれているわけですが…。

※例えば「ロストユニバース」の第4話「ヤシガニ屠る」とか。
●あるぴんはいます!
宮森あおい「皆さん、これからあるぴんの設定について共有しようと思います。」

ここでもしどろもどろな言動の監督・木下誠一。当然ながらスタッフ全員から叩かれる始末。そんな混乱の最中、

宮森あおい「あるぴんはドーナツ派でしょうか?ようかん派でしょうか?」

この一言がキャラ設定に書かれて無かったアイデアについて意見を出すきっかけとなる事に!

宮森あおい「とにかく、あるぴんはいるんです!」

結局、宮森あおいが壊れかけたスタッフとの連携を繋ぎ止めたことになったのです。

「SHIROBAKO」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「SHIROBAKO」第1話「明日に向かって、えくそだすっ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「モモキュンソード」第10話「驚天動地!逆襲の鬼ヶ島!!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「SHIROBAKO」TVアニメ公式Webサイト
「SHIROBAKO」AT-X公式Webサイト