来年1月2日、3日に開催される第91回東京箱根間往復大学駅伝。すでに出場が決まっているシード校10校以外の出場校を決める予選会が10月18日、行なわれた。出場者全員が20kmを走り、上位10人の合計タイムで競う予選会を通過したのは(1位から順に)神奈川大、国学院大、東海大、山梨学院大、中央学院大、上武大、中央大、順天堂大、城西大、創価大の10校だった。

 レース終盤は暑さも敵となった予選会。上位10人の合計タイムが10時間07分57秒で4位に止まった山梨学大の主将、井上大仁(4年)は「トップ通過を狙っていたのにできず、自分自身も中盤から余裕が無くなって後半伸びきれなかったのが悔しい。今後へ向けて課題が残ったので、これから克服していきたい」と悔しがった。だが上田誠仁監督の表情には余裕があった。

「今回は目標タイムを、少し高い水準で考えたものと、最低限のものと、2種類設定しました。今日はレース後半、気温が上がりそうな状況でしたが、今後の全日本大学駅伝や箱根駅伝のことも考えると、ある程度速いペースで入らなければ上位校とは勝負にならない。予選会用の集団走ではなく、高いレベルで設定した個人の目標のペースで突っ込む走りをしなさい、ということでスタートしました。その分、終盤は暑さのせいで弱いところが多々あることも露呈したけど、それは反省材料としてこれから改善していけばいいと思います」

 レースは5km14分30秒のペースでいき、ラストは上げるという想定だったエノック・オムワンバ(3年)が予定通りに先頭に立った。それに5kmまでついていった井上は、村山紘太(城西大4年)が飛び出してオムワンバがそれを追走する形になってからは、第2集団でキッチリと走った。他のメンバーは6人が14分50秒台で入り、10kmは30分06〜08秒台で通過、それ以降は5km15分10秒前後のペースという走りをした。

 だがオムワンバは途中棄権した1月2日の箱根駅伝以来のロードレース。疲労骨折をしたことを考えてトラックやクロスカントリーでの練習がほとんどという状態だった。5km以降を14分14秒に上げた村山についていけず、「柔らかいところばかりで走っていたので、10kmからは脚がきつくなった」と、イーブンペースを維持できない。ラスト5kmで村山を追い上げたが、8秒届かず58分34秒でゴール。目標にしていた57分50秒からは大きく遅れた。

 一方、井上も15kmまでは集団で勝負したが、ラストでペースを上げきれずに59分25秒で全体5位という結果に終わった。

 それでも上田監督は「エノックはロードの感覚がつかめなかったと話していた。5kmからの村山くんのペースアップには付いていくべきだったが、本人も不安があったのだと思います。でも練習はできていますから」「井上の場合はちょっと気持ちが入り込むタイプで、スタート前の表情も硬かったが、逆に『こういうレースは平常心で走れるわけはない。プレッシャーもあるのが当然だ』と言って送り出しました。彼にとってはくぐり抜けるべき試練だと思っています」と、淡々と振り返る。

 また1時間0分24秒から39秒のタイムでチーム3位〜5位になった阿部竜己(4年)、佐藤孝哉(2年)、兼子侑大(4年)に関しても、「後半にペースを上げて59分台に入ることを目標にしていたが、気温上昇もあったので......。彼らはそのくらいで走れる力を持っている選手です」と、前半の積極的な走りを評価した。

「収穫は、本人が設定を少し下げた谷原先嘉(3年)が想定通りに走って1時間0分40秒でゴールしたことですね。残念だったのは10kmまで30分19秒だった磯野裕矢(3年)が他の選手の肘が入って失速して1時間2分48秒になってしまったことと、10kmまでは阿部たちと同じペースでいった前田拓哉(3年)が1時間2分17秒かかったこと。ふたりは去年1時間1分14秒と1時間1分30秒で走っているから、1時間0分台で走れる力は持っています」(上田監督)

 箱根駅伝では上位校と下位校の差が縮まっており、その傾向にはますます拍車がかかるはずだと、上田監督は語る。

「今回、創価大が初出場を決めたのは、新興校もどんどん加わってくることを示唆している。その中で、我々は上位校とも競り合うことができるような攻めの走りをしなければいけない。来年は立川(予選会)に帰って来たくないし、やっぱり出雲と全日本、箱根の三大駅伝を走りたいですから」

 チームとしてはトップ通過という目標もあったが、敢えてリスクのある走りをさせたのは「攻めていかなければ新しい発見はない」という考えからだ。夏場からしっかり走り込んでいたので、苦しくなっても大崩れはしないで踏ん張ってくれるだろうという選手への信頼もあった。それくらいの走りをしなければ本番では勝負できないということだ。

 そんな山梨学大のプラス要素は、5000mで13分台や14分10秒台の記録を持つ、昨年の全国高校駅伝で優勝した山梨学大附属高校の主力が5人も入ってきたことだ。今回、1年生は誰も使わなかったが、2週間後の全日本大学駅伝には市谷龍太郎をエントリーしている。

「1年生の場合、高校時代は5000mを走れればいいという練習しかしてなかったんです。だから今は先のことも考えて、20kmを走るための走り込みは急激にやらせないでじっくり育てていこうという方針です。その中でも市谷の調子が上がってきたし、全日本には10km区間もあるのでエントリーしました。他の選手はまだ、箱根には間に合うかどうかというところですね。ただ、2人くらい入ってくる可能性はあると思いますね。そうすればチームの色や雰囲気も変わってくると思います」(上田監督)

 前回の箱根駅伝での途中棄権という悔しさと、その後も選手が気持ちを切らさずに最後まで走り切ったという自信。さらに実力のある1年生の加入による刺激で上級生たちの意識が高くなったことで、夏場から箱根で上位校と競り合うことを目標にした練習ができたと言う。オムワンバや井上を中心に、箱根で上位を狙う準備はできている。

 一方、山梨学大と同じように2週間後に全日本大学駅伝を控えながら、10時間07分11秒で1位通過を果たした神奈川大の大後栄治監督は、「予定より2分遅かったですね」と苦笑した。チームトップの柿原聖哉(4年)は59分17秒で全体の4位。主力のひとりである我那覇和真(3年)は1時間0分10秒で、それ以下は4人が1時間0分台、5人が1時間1分37秒以内というまとまった結果だった。

「1年生も3人いたから、ここでしっかり20kmを走り、ラスト5kmがどうなるかを見極めて次からの練習に活かすのが目標でした。シード権狙いを戦う力はついていると思うけど、もう少し上を目指すには主力選手が最初の5kmを14分台で入れる力は必要だし、それ以外の選手もキッチリ15分そこそこで入れる走力は必要不可欠。それを意識していました」(大後監督)

 危機を伝えられていた中央大が7位で本戦に進出し、常連だった東京農業大や法政大が落選。そして創価大が初出場という結果になった予選会。だが、上位校は本番の箱根を見据えた戦いを着々と進めていた。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi