3Dプリンターで拳銃を製造・所持した男に懲役2年の判決

ざっくり言うと

  • 3Dプリンターで拳銃を製造、所持した男の判決公判が20日に開かれた
  • 武器等製造法違反などの容疑で、懲役2年(求刑懲役3年6月)と言い渡された
  • 検察側は「模倣性が高く、治安のよさを根底から覆しかねない」と指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング