写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コミュニケーションデザイン総合研究所はこのほど、「2014年のハロウィンと仮装」に関する意識調査の結果を公表した。

同調査は、全国の20歳から49歳の男女を対象に、9月25日から26日にかけて、インターネットを通じて実施。974の有効サンプルを得た。

○今年の仮装は王道? 流行キャラ?

22種類の回答項目を用意し、「異性にしてほしい仮装スタイル」について回答してもらった。その結果、女性が男性にしてもらいたい第1位は「吸血鬼」(28.5%)、男性が女性にしてもらいたい第1位は「魔女」(32.1%)となった。

今年のハロウィンで「衣装」または「メイク」に出費する予定の80人に、「どんな仮装をする予定か?」と聞いた。その結果、男性は「セクシーキャット(32.1%)」、女性は「魔女(50.0%)」と回答した人が最も多かった。

今年のハロウィンで「仮装を予定している」143人に、使う予定の金額を尋ねた。その結果、自作衣装の人は「1,000円未満」(32.7%)が最も多く、次いで「1,000円〜5,000円未満」(30.6%)となった。また、衣装を購入する予定の人では、「1,000円〜5,000円未満」(38.3%)が最多で、次いで「5,000円〜10,000円未満」(23.4%)となった。

「あなたはハロウィンに何を期待するか?」という質問に対し、最多の回答は「イベントを楽しむ」で、44.0%だった。「仮装」との回答は、2番目に多く、27.7%だった。

(エボル)