豪科学者 性行為の技術が約3億8500年前からあったと発表

ざっくり言うと

  • 性行為の技術は約3億8500万年前に既に発達していたと豪科学者が発表
  • 突起は雄の交接器を雌の生殖器部内の適切な位置に固定させるものと言及
  • 体内受精はこれまで、脊椎動物の進化史上で後期に発生したと考えられていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング