「COOLPIX S6900」

写真拡大

ニコンイメージングジャパンは2014年10月中旬、自分撮りを楽しむための機能が充実したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S6900」を発売。価格はオープンだが、直販価格は3万4980円(税込み)。

カメラスタンドとフロントシャッターボタンを新採用

タッチ操作が可能な約46万ドット、3型のバリアングル液晶モニターを搭載し、液晶モニターの向きや角度を調整して、ローアングルからハイアングル、自分撮りまで、多彩なアングルでの撮影が楽しめる。カメラを縦横どちらの方向にも置けるカメラスタンドをボディー背面部に新たに採用したほか、ボディー前面部にシャッターボタンを配置したことで、縦位置で自分撮りをする際に役立つ。

手のひらでカメラをリモートコントロールできる「ジェスチャー操作」の操作性が向上したほか、液晶モニターで効果を確認しながら撮影できる「メイクアップモード」など、多彩な機能を備える。Wi-Fi、NFC(近距離無線通信)にも対応する。

また、有効1602万画素、裏面照射型の1/2.3型CMOSセンサーやレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能のほか、光学12倍ズーム(ダイナミックファインズーム時24倍)のレンズを採用した。

カラーは、ナチュラルホワイト、リッチブラック、グロッシーピンクの3種類。サイズは幅99.4×高さ58.0×奥行き27.9ミリ、重量は約181グラム(撮影時)。