金遣いが荒い人の特徴「ビニール傘を毎回買う」「会うたびにちがうバッグ」

写真拡大

何にお金を使うかは個人の自由とはいえ、「そんなことにお金使うの?」とびっくりしたり「そんなに給料もらってないよね」と心配になったりすることってありませんか? 今回は「金遣いの荒い人」の特徴について女性たちの考えを聞いてみました。

■ブランド好き

・「しょっちゅう高級ブランドのバッグや財布など買っていたり、美容院に毎月行っている人が会社にいてすごいなと思う」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ブランド物ばかり買ってる友だちがいます。バッグなど、すぐ飽きるらしくて会うたびにちがうバッグばかり持ってきてます」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

・「時計、バッグなど目に見えるものがすべて高級ブランドのものにしている人。服はファストファッション」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ブランド物の良さがわかって長く使うつもりで購入しているのではなく、ブランド物というだけで手当たり次第に買いまくるような人は金遣いが荒いと思ってしまうようです。同年代だったりすると、どこからそのお金が出てくるんだろうと不思議な気分にもなりますね。

■ギャンブル好き

・「パチンコや競馬をする人。月に10万円くらい使うという話を聞いたから」(24歳/不動産/事務系専門職)

・「ギャンブルにはまっている人」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

パチンコや競馬などのギャンブルも趣味と言えないことはありませんが、使う金額の大きさを聞くと趣味の範囲を超えていると感じることも。勝ち続けることができず、あとには何も残らないものにお金を使う人は金遣いが荒いイメージですね。

■値段を気にせず買い物する

・「いいものを長く使うならわかるが、安いものをころころ変えて使う人。コンビニで買い物をたくさんする人は経済的に考えていないと思う」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「バーゲンを利用しない。ビニール傘を常に買う」(32歳/情報・IT/技術職)

同じものが安く買えるスーパーやバーゲンを利用せず、ほしいと思ったらすぐに買ってしまう人も金遣いが荒らそう。節約術の一つとしてコンビニを利用しないという人も増えているので余計にそう思ってしまいますね。

■計画的にお金を使えない

・「近場への旅行に頻繁に行く人。『遠出の国内旅行や海外に行きたいけれどお金がない』と言っているのを聞いて、計画性がないのかなと思う」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「収入が少ないのに、高い車に乗っているとローンでお金がなくなりそうだなと感じますね」(22歳/医療・福祉/専門職)

お金があったらあるだけ使ってしまって少し先の予定もままならなかったり、自分の給料に見合わないローンを組んでしまう人はお金を上手に使っているとは言えませんよね。自分のお金を大事にできない人はやっぱり金遣いが荒いという印象です。

金額の大きい小さいではなく、目の前にあったらすぐに買ってしまう、必要かどうかをよく考えずお金を使ってしまうというのが金遣いが荒いと思われる人に共通している特徴のようです。節約する習慣を身に着けないと将来が大変、とアドバイスしてあげたくなりますね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数153件(22歳〜34歳の働く女性)