菊地絵理香、またも栄冠に届かず(撮影:上山敬太)

写真拡大

<富士通レディース 最終日◇19日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>
 ただ苦笑いを浮かべることしかできなかった。目の前まできていたツアー初優勝の栄冠は、またも菊地絵理香の手から離れていった。

 国内女子ツアー「富士通レディース」の最終日。1打差の単独2位からスタートした菊地は一時は首位に立つも、プレーオフでアン・ソンジュ(韓国)に破れ2位タイとなった。
 菊地の流れだった。首位スタートのアン・アンがスコアを崩したため菊地は首位で折り返す。すると出だしの10番でバーディ。11番ボギーのあとの12番でカラーから4メートルをねじ込みすぐさまバウンスバック、ガッツポーズを何度も繰り返した。そして迎えた16番パー5で2オンに成功。30メートルのロングパットを2パットで決めきっちりバーディ、さらにスコアを伸ばした。これで残り2ホール、3連続バーディで同組の横峯さくらが1打差と迫ってきてたが、まだ、菊地の流れのように見えた。
 ところが突然17番で暗雲が立ち込める。すごい良かったと感じたティショットが「アドレナリンなのかも」とグリーンを越え、奥のラフへ。これが寄せきれずボギー。それでも横峯もこのホールをボギーとしていたこともあり「1つ貯金があったので」とまだ気持ちは落ち着いていた。
 そして迎えた最終18番。過去何度も名勝負を生み出してきた最難関ホールが菊地に襲い掛かる。今大会でも多くの選手が苦しんでいた。菊地自身も「相性が良くない」と感じていたホールだったという。ここまでの2日間、左にいっていたこともあり、「そっちを嫌がって」と放ったティショットは右のバンカーへ。そのバンカーからの2打目はグリーンを捉えられず、さらにパーパットも外し痛恨のボギー。グリーンの外に出ると同時に頭を抱えた。
 しかし決めれば優勝というバーディパットをアン・ソンジュが外し、勝負はアン、横峯とのプレーオフへ。「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」以来の今季2度目のプレーオフは、ボギーを叩いたばかりの18番。それでも「軽井沢よりは落ち着いてできた」と気持ちに余裕はあった。しかし、ティショットを左のラフに入れると「そこからはピンを狙えないので」とグリーンの右を狙うも左のバンカーへ。パーセーブすら厳しい状況に、ただただ苦笑いを浮かべた菊地。そこから左に出してチップインを狙ったが入らず、アンがバーディパットをねじ込み万事休す。2位タイで3日間の戦いを終えた。
 ラウンド後、記者からの質問に何度も何度も「仕方ないです」、「しょうがないですね」と繰り返した。「もうチャンスは無いと思って戦う」と背水の陣で臨むも、目前に迫った栄冠にまたしても後一歩届かなかった菊地、目を潤ませながら会場を後にした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>