アンジェリーナ・ジョリーがエリザベス女王から名誉勲章を授与

写真拡大

 アンジェリーナ・ジョリーは10日(金)、英エリザベス女王より名誉あるデイムの称号を授与された。

性暴力撲滅を目指した活動

 その性暴力撲滅を目指した活動が認められ、今年6月に女王の誕生日を記年する叙勲者リスト入りしたことが発表されていたアンジェリーナが、10日にロンドンのバッキンガム宮殿にてエリザベス女王より聖マイケル・聖ジョージ勲章・名誉大英勲章第一位を受け取った。

 アンジェリーナの夫ブラッド・ピット、そして2人の6人の子ども達も記念パーティに参加したという。バッキンガム宮殿の広報担当者は「エリザベス女王とジョリーさんの謁見はプライベートに執り行なわれました。女王陛下はジョリーさんに勲章の入った箱をお渡しになりました。

 ピットさんとお子様達は後に女王陛下に紹介されました」とコメントしている。ある関係者はUsMagazine.comに対し、一家の様子をこうコメントしている。「子どもたちはバッキンガム宮殿にいることにとてもはしゃいでいましたよ。みんなとってもおしゃれしていました」

 ラルフ&ロッソのデザインによる細身のグレーのスカートに、ウエストラインにフリルついたジャケットというスーツ姿で出席したアンジェリーナは、現在ブラッドと新作映画『バイ・ザ・シー』の撮影のために滞在しているマルタ島から9日(木)、今回の授与式のためにプライベートジェットでロンドン入りしたという。

 前述の関係者はさらに「撮影から抜け出すのはとても大変なことだったでしょうけど、アンジェリーナは絶対にこの機会を逃しはしませんでした。何て素晴らしい日でしょう!」と付け加えていた。

 アンジェリーナはイギリス連邦の国籍を持っていないため、イギリス連邦の市民に与えられる最も名誉な勲章である正式なデイムの称号を名乗ることは出来ないが、英国外の国籍を持つ人に授与される名誉大英帝国勲章が与えられた。アンジェリーナは以前、今回の受章についてこうコメントしていた。「外交政策に関した勲章を頂くことは私にとってとても大きな意味があります。なぜなら私はこのような活動に一生を捧げたいと願っているからです」

Written&Photo by bangshowbiz