明石家さんまが無名時代の苦労を告白「今日も客なし」と壁に落書き

ざっくり言うと

  • 19日の「明石家電視台」で、明石家さんまが無名時代を語った
  • 名古屋の演芸場に立っていた19歳のころ、客が実兄1人だった日もあった
  • 楽屋にはさんまが描いた「今日も客なし 明日は?」という落書きも残っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング