進化するヒップホップと変わらないアイデンティティ:RBMA Tokyoライヴリポート第1弾

写真拡大

10月14日(火)、渋谷HARLEMにヒップホップ・レジェンドJust Blazeとマーリー・マールが登場した。10月12日から約1カ月にわたって開催される「Red Bull Music Academy Tokyo 2014」。その序盤で注目のライヴイヴェントを、音楽ブロガー、ジェイ・コウガミがリポート。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「進化するヒップホップと変わらないアイデンティティ:RBMA Tokyoライヴリポート第1弾」の写真・リンク付きの記事はこちら
p-20141016-00010_news

2/9マーリー・マール(左)とJust Blaze(右)の2人がステージに現れると、渋谷HARLEMの熱気は最高潮に!

p-20141016-00018_news

3/9後日マーリー・マールは、別会場でレクチャーも行なった。

p-20141016-00006_news

4/9Just Blaze

p-20141016-00009_news

5/9Just Blaze

p-20141016-00002_news

6/9RBMA参加者のDouchka

p-20141016-00004_news

7/9RBMA参加者のZebra Katz

p-20141016-00005_news

8/9RBMA参加者のNightfeelings

p-20141016-00008_news

9/9

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN p-20141016-00003_news

ヘッドライナーのマーリー・マールの登場で、会場は大いに湧き上がった。

p-20141016-00010_news

マーリー・マール(左)とJust Blaze(右)の2人がステージに現れると、渋谷HARLEMの熱気は最高潮に!

p-20141016-00018_news

後日マーリー・マールは、別会場でレクチャーも行なった。

p-20141016-00006_news

Just Blaze

p-20141016-00009_news

Just Blaze

p-20141016-00002_news

RBMA参加者のDouchka

p-20141016-00004_news

RBMA参加者のZebra Katz

p-20141016-00005_news

RBMA参加者のNightfeelings

p-20141016-00008_news

10月14日(火)、渋谷HARLEMにおいて「Red Bull Music Academy Tokyo 2014」(以下RBMA Tokyo)が主催するライヴイヴェント・シリーズの第2弾として「RED ZONE - A RED BULL MUSIC ACADEMY SPECIAL」が開催された。世界から名だたるアーティストを招きレクチャーを行うRBMA Tokyoと連動したこのイヴェント、この日のヘッドライナーに登場したのはヒップホップの伝説の名にふさわしい組み合わせ、Just Blazeとマーリー・マールのふたりだった。

【関連記事】
「レッドブル・ミュージック・アカデミー東京」を楽しむために知っておくべき7つのこと
レッドブルの「音楽学校」RBMAの挑戦:無名アーティストを世界最高峰のフェスへ送り出す意味

ジェイZ、エミネム、カニエ・ウェスト、ビズ・マーキー、LL Cool J、KRS-Oneなどヒップホップ好きなら誰もが知っているアーティストたち。彼らのプロダクションを支えてきたJust Blazeとマーリー・マールは、そのままヒップホップの歴史だ。音楽のトレンドをつくってきた正真正銘のクリエイターが並んで登場する姿を一目見ようと、イヴェントには大勢の音楽ファンが駆けつけた。

先に登場したマーリー・マールは自分のプロダクション(いまではクラシックと呼ばれるほどになった)を中心に、いわゆる「ヒップホップ黄金時代」の名曲をスピンしていく。ステージとの距離感が近いこともあり、オーディエンスと常に対話するように小気味良く曲をつないでいく。歌詞を口ずさむ人もいれば大音量で流れるビートに身を任せている人もいて、会場は大いに湧きあがった。

次に登場したJust Blazeは自身のヒット曲や手がけたアーティストの曲など「2000年代以降のヒップホップ」を中心にプレイし始めたところで会場の盛り上がりは頂点に達する。さらに今年のRBMA参加者である、DiploのレーベルMad Decent所属のブルックリン出身アーティストZebra Katzもメインフロアでサイケなライヴを披露してくれた。

3人の音楽は、それぞれ時代性や創作活動からして異なり、だからこそヒップホップの進化を見ることができる。DIYからメジャーまで異なる形式での制作は、まさにユニークな進化の象徴でもある。ヒップホップは世界的に評価される現在進行形の音楽であるにもかかわらず、クラシックから最新ヒットまで常に人が共感できる共通のアイデンティティを持ち合わせている。そしてそれは人と音楽をつなぐつながりであることを、今回のイヴェントの盛り上がりから垣間見ることができた。

10月から約1カ月にわたって開催されるRBMA Tokyoは、いま最も時代の先端にいるクリエイターが一堂に会し、今後の音楽のうねりをつくっていく場所である。と同時に、RMBA Tokyoがいま東京で行おうとしていることは、試行錯誤し続ける昨今の音楽ビジネスとは違う文脈で、音楽のアイデンティティを探す時間を提供してくれているのかもしれない。

【RBMA Radioでライヴ音源配信中】
Just Blaze
Zebra Katz
Douchka
Nightfeelings

TAG

BlogMusicRBMARed Bull