池田勇太は1打差2位の好位置で決勝R!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本オープンゴルフ選手権競技 2日目◇17日◇千葉カントリークラブ・梅郷コース(7,081ヤード・パー70)>
 トータル6アンダーの2位からスタートした池田勇太は4バーディ・2ボギーとこの日も2つスコアを伸ばし、トータル8アンダーフィニッシュ。プラヤド・マークセン(タイ)との1打差をキープしたまま決勝ラウンドを迎えることとなった。

 早朝コースにかかった深い霧はすっかり晴れ、池田がスタートした昼前には北寄りの風がコースを吹き抜けた。そんな中、スタートの1番から「良いのが入った」と約4メートルの下りスライスをねじ込んでバーディを奪取。今大会を前に投入したオデッセイの新パターで得た好感触をそのままに4番でもバーディを奪った。
 6番でこの日初のボギーを叩いた後はチャンスを決めきれず悪い流れになりかけたが、13番パー3で4メートルを沈めて再浮上。直後の14番をボギーとするも、15番では168ヤードのセカンドをラフから傾斜を使って20センチにつけるスーパーショットでバーディを奪って、決勝ラウンドへ向けて上々のステップを刻んだ。
 初日からやや不安を抱えるショットは「昨日より。ちょっとはマシ」。ところどころにのぞく明るい表情はその表れでもある。「まぁもういっちょ練習だな」と不安が残らない訳ではないが、「昨日良かったから」と初日飛び出した6アンダーというスコアが精神的にも余裕をもたらしている。この日はやや停滞したパッティングにも「入らなかったことで気づかされたこともある」と、どこまでもポジティブな気持ちを貫いた。
 2つ目のメジャータイトルへ残すは2日。「地元じゃないとは言え、同じ千葉だから盛り上げたいというのはある」と同じ千葉県“愛”語りながらも、日本最高峰タイトルがかかったプレッシャーはまだ感じていない。「明日も笑みがこぼれるようなラウンドになれば良いんじゃないかな」。目をぎらつかせるのは、まだ先だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>