男の本音が丸わかり! 彼女に結婚資金を貯めてほしい? 「はい→自分ばかり頼られても困るから」

写真拡大

貯金があって困ることはありませんよね。中でも、高額な出費を控えている場合はないと困ります。さて、結婚には挙式や新居などの費用が必要です。男性のみなさんは、恋人の結婚資金に対してどう思っているのでしょうか。さっそく男性の本音を調査してみました。

Q.あなたは、彼女に対して、結婚を考えるなら結婚資金を貯めてほしいと思いますか?

「思う」80.8%
「思わない」19.2%

80.8%の男性が「思う」と回答しました。やっぱり、貯金はあって損はないようです。それぞれの理由を見ていきましょう。

<「思う」派の意見>

■高額な出費に備えて

・「結婚式を挙げたり新婚旅行に行ったり、家を借りたり、家具をそろえたり、とお金が必要になる機会が増えるから」(38歳/その他/技術職)

・「結婚するだけでもお金がけっこうかかると思うため」(27歳/金融・証券/専門職)

結婚をする上でさまざまなことで出費が重なるため、それに備えて結婚資金を貯めてほしいと思う人が多いようです。

■自立してほしい

・「最低限生活していけるだけの金額は貯めてほしい」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「自分ばかり頼りにされても困るから」(29歳/その他/技術職)

男性ばかりに結婚資金を求めるのではなく、自立した大人の女性として、金銭感覚がしっかりしていることも重要みたい。

■先を見越してお金のことを考えてほしい

・「別に貯めてなくてもいいが、貯められる金銭感覚はほしい」(37歳/通信/技術職)

・「結婚当初はどうしてもお金がかかるので、そういった未来のことを考えられる思考が必要」(35歳/機械・精密機器/営業職)

十年後、二十年後のことを考えて貯金する思考は重要です。そのあたりを評価する男性は多いようですね。

<「思わない」派の意見>

■自分で貯める

・「自分が貯めておけば済む話だから」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「女性には頼らないようにしたいです」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

女性に求めるのではなく、男性である自分が貯めておく! という考えの人も。

■自分が出す

・「結婚資金として無理して分けて貯金をしてほしいほどではないです」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「結婚資金は自分が出す」(36歳/自動車関連/技術職)

結婚資金は自分が出すから大丈夫だと思う人もいるようです。大黒柱は俺! という自覚があるのかも!?

今回のアンケートでは、80.8%の男性が、結婚したいなら「結婚資金を貯めるべきだと思う」と回答しました。結婚資金が貯められなくて、男性にドン引きされることのないよう、しっかりとした金銭感覚を身につけておきましょう。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年9月にWebアンケート。有効回答数130件。22歳〜39歳の社会人男性)