写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気アニメ『機動警察パトレイバー』の実写化プロジェクトで、11月29日に公開される『THE NEXT GENERATION パトレイバー 第6章』の予告編が公開された。

第6章は、エピソード10「暴走! 赤いレイバー」とエピソード11「THE LONG GOODBYE」の2話構成。エピソード10では、軍用レイバーが密輸される情報を得た明と佑馬は新潟へ向かい、軍用VS警察用、レイバー一騎打ちの火蓋が切って落とされる。これまでになくハードでシリアスな予告編では、新潟駅前を暴走する軍用レイバーに、爆発するパトカー、激しい銃撃戦、遂に勃発するレイバー戦の様子がダイジェストで描かれている。

そして、エピソード11「ロンググッドバイ」で描かれるのは、真野恵里菜演じる明の初恋相手との再会。同窓会で過去に思いを伝えられなかった男に出会った明は、女子高生時代の淡い思い出が交錯する。初恋相手を演じる大東駿介に「まだいいだろ…」と甘い言葉をかけられた明は心を躍らせるものの、映像の最後で「可愛かったらレイバー乗ってないもん」とつぶやく横顔に悲しい恋の予感が残る。

なお、エピソード10「暴走! 赤いレイバー」は、第27回東京国際映画祭の特別招待作品として上映されることも決定。TOHOシネマズ六本木のSCREEN8にて、10月24日に劇場公開に先がけて公開される。さらに第6章からは、上映館数を20スクリーンから50スクリーンに拡大されるという。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は、これまでTVアニメ、OVA、コミック、小説、劇場版など幅広い展開を続けてきた『機動警察パトレイバー』シリーズ初の実写作品。初期OVAや劇場版1・2を手がけた押井守総監督が新たな世代の"特車二課"の物語を全7章と長編劇場版を完全新作で制作している。10月18日からは、エピソード8「遠距離狙撃2000」とエピソード9「クロコダイル・ダンジョン」の2話で構成された『第5章』が公開される。

(C)2014 HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会