バオバブの木

写真拡大

ジャパン ゲートウェイ (東京都千代田区)のヘアケアブランド「Voloute(ヴォルーテ)」は2014年10月14日、「いま注目のヘアケア」をテーマにしたアンケート調査の結果を発表した。

悩みで多かったのは「パサつき」

髪の悩みを聞く質問(複数回答、以下同)に対して、多かった答えの1位は「パサつき」(33.2%)、2位は「抜け毛・薄毛」(14.2%)、3位は「広がり」(13.4%)だった。「いま注目しているヘアケア」を尋ねたところは「オイルケア」(15.6%)、「ミストケア」(3.4%)、「クリームケア」(2.4%)という順で、オイルケアが他を引き離した。

数あるオイルの中でも興味を集めているのが「バオバブオイル」だという。バオバブはアフリカやオーストラリアなどに分布する巨木で、幹に大量の水分を溜めこめる。バオバブの木になる実の種子を低温圧縮して「バオバブオイル」を採取する。

日本オイル美容協会代表理事で、美容オイルコンシェルジュのYUKIEさんは、

「パルミチン酸という『脂肪酸』の中では酸化しにくい飽和脂肪酸を液状で高含有しています。パルミチン酸は界面活性剤としても使われる脂肪酸で、洗浄力や細胞賦活力も高く、さらに液状のためビタミンとの融合性がよい」

とその特性を説明する。

「キューティクルを補修しツヤを与えるなどのトリートメント効果が期待できます。また、保湿効果のあるオレイン酸も同等の割合で含有しているので、とてもバランスのよいオイルだと思います」

調査は、20〜39歳の女性500人を対象に14年9月1〜4日にインターネット上で実施した。