マララ・ユスフザイさん銃撃に英国の陰謀説 祖国では嫌悪の対象にも

ざっくり言うと

  • ノーベル平和賞を受賞したマララさんが、祖国パキスタンで嫌悪されている
  • 憎悪の一部は、保守的な宗教観や女性の地位向上に反対に由来している
  • 彼女が銃撃された事件も、英国が関与した陰謀だと考えている国民がいる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング