Syn.

写真拡大

10月16日(木)、通信事業をおこなうKDDIが新たなポータルサービス「Syn.(シンドット)」を明らかにした。

「Syn.(シンドット)」はスマートフォン時代の「入り口のないポータル」「新しいモバイルインターネット体験を創出する」を打ち出した構想。

第一弾のサービスとして、音楽・マンガ・お笑いニュースサイト「ナタリー」やライフレシピ共有サービス「nanapi」など、13のWebメディア・サービスと共に「Syn.alliance (シンドットアライアンス)」を設立。

全サービスの合計月間利用者数は4100万にのぼるといわれ、スマートフォンに特化したサービスとしては最大規模の連合体となる。

スマートフォン価値倍増計画「Syn.」構想




「Syn.」の目指す、中心のないポータルとは?


「Syn.」構想では、すべてのサービスが入り口となる「中心のないポータル」を構築。

モバイルインターネット上でユーザーが新たなサービスを発見し、そのサービスからまた新たなサービスを発見するという仕組みをつくり、さらにはサービス同士がつながって新たな価値を提供を行うというもの。KDDIは「スマートフォンにおける価値倍増計画」とも表現している。

すでに該当サイトのスマートフォンサイトの左上には「Syn.」の共通サイドメニューが設置され、サイト間を簡単に遷移することが可能となっている。

Syn.alliance 共通サイドメニュー


・[ビューティ]@cosme(アイスタイル)
・[ゲーム情報]ゲームギフト(AppBoadCast)
・[天気]ウェザーニュース(ウェザーニュース)
・[ニュース]報道ヘッドライン(KDDI)
・[カレンダー]ジョルテ(ジョルテ)
・[音楽]音楽ナタリー(ナターシャ)
・[コミック]コミックナタリー(ナターシャ)
・[ノウハウ]nanapi(ナナピ)
・[地図・交通]NAVITIME(ナビタイムジャパン)
・[ブックマーク]はてなブックマーク(はてな)
・[ファッション]iQON(VASILY)
・[ランキング]Qrank(ビットセラー)
・[タイムセール]LUXA(ルクサ)
[メニュー名]メディア名(会社名)

今後もさらなる提携や、各メディア・サービス間の連携を強化した新サービスの提供が行われていく予定だという。

これまでの、インターネットの入り口として多くのユーザーに長く利用され続けているYahoo!JAPANやGoogleといった「中心」的なポータルサイト。それに対して、スマートフォン時代ならではの戦略を構想する「Syn.」はどのような展開を見せるのか。

「Syn.alliance」を結ぶために投じた出資額は120億円ともいわれており、「中心のないポータル」を目指すKDDIの本気具合がうかがえる。