新パターで絶好調の池田勇太!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本オープンゴルフ選手権競技 初日◇16日◇千葉カントリークラブ・梅郷コース(7,081ヤード・パー70)>
 スタートホールの10番。チップインバーディが今日の快調なスコアを予測していたのかもしれない。波に乗った池田勇太はチャンスでことごとくパットを沈め、単独2位フィニッシュ。初優勝を上げた2009年の日本プロゴルフ選手権以来の、メジャータイトル獲得へ向けて最高のスタートを切った。
2アンダー発進のスコット、気になるあのポーズの意味は…
 ショットは決してよくなかったという池田。事実ティショットの多くがラフへ。だが、今週から投入したという新パターの切れ味が凄まじかった。
 パターはここ数か月の悩みの種で、自分の思うようなストロークが出来ずに不安があったという。そこで先々週の東海クラシックから古いパターを使い出し、復調の兆しを見せたが、それでも自分本来のフィーリングでは打ててはいなかった。
 そこにきて今週、「日本オープン、BSオープンと大事な試合に間に合うよう前々からリクエストしていた」というオデッセイの新パターが池田のもとへ届いた。「練習ラウンドの段階で自分のフィーリングに合った、いいコロがりのパッティングが出来ていたので」と好感触を得て、そのまま試合へ投入。それが功を奏した。
 11番、13番と5〜6メートルのパットを難なく沈め、前半4アンダー。最終ホールもバーディで締め、7バーディ1ボギーの6アンダーでホールアウト。「前半のバーディはパターを変えたからとれたもの」と新兵器さまさまだった。
 アダム・スコットの出場で注目を集めている今年の日本オープンだが、”若大将”はあくまでマイペースを貫く。大会に対する意気込みを問われても「”日本オープンだから”というのは関係なく、どんなプレーヤーがいようとも自分のゴルフが出来るかが大事」とどこ吹く風。またアダムに対しても「今年は天気もいいし、(アダムが出ることで)ギャラリーが多くなるのはいいことだけどね」と大会の盛り上がりに関しては言及したが、アダム個人に関して特別意識はしない。
 「初優勝以来メジャー大会は勝ってないし、今日の調子を残り3日間続けていける感触を持てている」と自信を伺わせるが、「優勝スコアは10アンダー以上にはなると思う。でも、決して甘いコースではないからね」と気持ちを引き締めていた池田。一方で「今年の日本オープンは、技量がある選手なら攻略できる、オレにとっては”ラクな”セッティング」と楽しみながらプレーできているのが伝わってきた。それもパットの不安が解消されつつあることに他ならない。今大会は池田のパットが見どころの一つとしてもいいかもしれない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>