「Outlast」プレイステーション® オフィシャルサイトより

写真拡大

現在、PC向けゲームのダウンロード販売サイト・Steamで配信されている主観視点ホラーゲーム「Outlast」。

元々は海外のインディーズ系ゲーム会社・Red Barrelsが2013年にリリースしたゲームだが、今年5月に日本語化されて以来、国内でも恐ろしいホラーゲームとして注目を集めている。

主人公は無抵抗のようで、攻撃手段を何も持っていない。基本的に敵から逃げることしかできず、ネット上では「逃げゲー」として親しまれている。

精神病院で化け物にやられる


「Outlast」プレイステーション® オフィシャルサイトより

「Outlast」プレイステーション® オフィシャルサイトより



フリージャーナリストの主人公が、閉鎖されていた精神病院の秘密を探るべく潜入。このゲームは、そんな謎の精神病院で異形の化け物に襲われながら、病院の秘密を突き止めていくサバイバルホラーになっている。

凶暴化した化け物によるバイオレンスな描写があるようで、少々グロいシーンが多い。

開発者が公式Webサイトでゲーム実況に関して許諾する旨を公開していることもあり、Web上には特に海外を中心に多数のプレイ動画が投稿されていることも特徴的だ。

現在日本でプレイするには、Steamでダウンロードすることが一般的だが、今後PlayStation 4向けにリリースされることが発表されている。

KAI-YOU.netでは、10月16日(金)22時より、実際に本作をニコニコ生放送を使ってプレイ。残酷な描写が苦手な方は注意してほしい。



スマートフォンから視聴したい場合は、niconicoアプリをダウンロードの上、こちらからご覧ください。