危険ドラッグを使用したことが原因で死亡したとみられる人が急増

ざっくり言うと

  • 危険ドラッグ使用が原因とみられる死亡者の数が、急増している
  • 今年1〜9月の間で計74人に上り、一昨年の8人、昨年の9人と比べて急増
  • 都道府県別では、大阪が最多の20人で、神奈川が11人、東京が9人と続く

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング