2015年公開予定の『ジュラシック・ワールド』が意味深なポスターを公開

写真拡大

2015年公開予定の『ジュラシック・パーク』シリーズ第4作『ジュラシック・ワールド』のポスターが公開された。トレーラーとともに紹介。

「2015年公開予定の『ジュラシック・ワールド』が意味深なポスターを公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

現在の予定では、映画『ジュラシック・ワールド』の公開はまだ8カ月も先のことだ。プレミア試写会が2015年6月12日(米国時間)となっている。けれども、レジェンダリー・ピクチャーズ社アンブリン・エンターテインメント社は、しきりに観客を盛り上げようとしている。今回は、お馴染みのロゴと、目立たないポスターと、冗談めかしたキャッチフレーズだ。

立体ロゴのレリーフは、1993年に映画化された『ジュラシック・パーク』と マイケル・クライトンの原作小説のスタイルを保っていて、黒とシルバーのモチーフがさらに不吉な展開を暗示している。「The Park is Open」というキャッチフレーズは、恐竜が巻き起こす恐ろしい出来事を待ち望んでいるとしか思えない。

この映画は、第1作目の出来事から22年が経過しているという設定だ。ジョン・ハモンドが思い描いたテーマ・パークは現実のものとなったが、「ジュラシック・パーク」での事故とともにハモンドのインジェン社は倒産。代わりにマスラニ社が、同じ島の南部で「ジュラシック・ワールド」を運営している。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で主演を務めたクリス・プラットが演じる「オーウェン」は、ジュラシック・ワールドの管理人として、ヴェロキラプトルの行動を研究している。だが、ジュラシック・ワールドでは来園者数が落ち込んで利益は減少。大胆な新型アトラクションがとんでもない事故を起こして、またしても生物科学的災害へとつながっていく。

『ジュラシック・ワールド』はシリーズ4作目で、ジョー・ジョンストン監督による3作目『ジュラシック・パークIII』から14年が経過している。1993年の『ジュラシック・パーク』を撮ったスティーヴン・スピルバーグ監督は、制作総指揮として今回も参加している。

監督は、『彼女はパートタイムトラベラー』などのコリン・トレヴォロウが務める。主な出演者は、クリス・プラットのほかに、ブライス・ダラス・ハワードヴィンセント・ドノフリオという顔ぶれだ。