写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2014年5月24日公開された特撮映画『キカイダー REBOOT』がハワイで劇場公開され、当初一週間のみ限定上映から驚異的な観客動員を受けて、異例の上映延長が决定した。

ハワイでは、現地最大のシネコンチェーン「Consolidated Theatres」のWard Stadium with TITAN XC(17スクリーンのハワイ最大のシネコン)にて封切られ、現地のファンから熱狂的に迎えられている。わずか1館のみの上映にも関わらず、同日公開の全米話題作『ADDICTED』やロバート・ダウニーJr.主演『ザ・ジャッジ(原題)』、そして大ヒット中のアクション大作『ドラキュラZERO』とハリウッドの話題作が名を連ねる中で圧倒的な動員力をみせ、10月10日〜12日の週末興行収入で1位を獲得。「Consolidated Theatres」の8サイト全21作品全体においても興行収入は9位を記録し、現地のファンからは「圧倒的にKikaiderの勝利」といったコメントが数多く寄せられている。

なぜ『キカイダー』がこれほど熱狂的に迎えられているのか。ハワイでは、『人造人間キカイダー』が日本放送から2年後の1974年に放送され、字幕のみの放映で平均視聴率26%という驚異的な数字を記録。初回放送の翌日には、ディスコにて主題歌「ゴーゴー・キカイダー」が流れていた――とも言われている。その後、続編の『キカイダー01』とともに何度も再放送される中で新たなファンを獲得し続け、州知事が4月12日を「ジェネレーション・キカイダー・デイ」、マウイ郡長が5月19日を「キカイダー・ブラザーズ・デイ」と記念日に制定するなど、熱狂的なファンたちによって支えられている。

もちろんこの声は制作側にも届いており、『人造人間キカイダー』でキカイダー/ジローを演じた伴大介はハワイへ足を運び、現地の熱を実感。さらに、伴が歌った挿入歌「春くれば」は現地の有線放送ヒットチャート1位を記録し、ハワイの音楽チャートを席巻する。その人気は留まることを知らず、伴はハワイ「名誉市民」の称号を得るほどで、絶大な人気を獲得している。今回の『キカイダー REBOOT』のハワイ公開後にも伴は現地入りし、観客とともに『キカイダー REBOOT』を鑑賞。各シーンでの盛り上がりを間近に見たことで、改めてハワイの人々の"キカイダー愛"を感じ、続編の声も多かったことからリブートの成功を実感したという。

『キカイダー REBOOT』は、1972年〜73年にテレビ朝日系で放送され、当時は同じく石ノ森章太郎氏原作の『仮面ライダー』と人気を二分した特撮TVドラマ『人造人間キカイダー』のリメイク作品。石ノ森氏の生誕60周年となった今年、最新の造型&VFX技術や今日的なテーマ性を備えた物語として、コアなファンがもちろん、キカイダーにはじめて触れた新たなファン層を開拓した。舞台は未来の日本で、人間では抗えない問題をロボットに解決させる「ARKプロジェクト」の中枢、世界的ロボット工学の権威・光明寺ノブヒコが、実験中に謎の事故死――暴走する「ARKプロジェクト」に、光明寺が残した主人公ジロー/キカイダーが戦いを挑む姿が描かれている。

なお、日本では12月12日に『キカイダー REBOOT』のBlu-ray&DVDが発売され、特典映像には「メイキング映像&インタビュー」「舞台挨拶集」「未公開シーン」「予告編集」「スタッフコメンタリー」、そしてKADOKAWAの井上伸一郎エクゼクティブプロデューサー、東映の白倉伸一郎プロデューサーによる「W伸一郎対談」が収録されている。

(C)石森プロ・東映(C)2014 「キカイダー」製作委員会