(C)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

写真拡大

ナムコが運営する、「週刊少年ジャンプ」作品の世界観で遊べるテーマパーク「J-WORLD TOKYO」(東京都豊島区)は2014年10月3日から、「黒バス祭り 黒子のバスケ in J-WORLD TOKYO」を開催中。11月3日まで。

「キセキのコート」に"紫原敦"も

「黒子のバスケ」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で9月まで連載されていた人気作品で、3期目のテレビアニメの放送も15年に予定されている。

黒バス祭りには、同作品で初めてとなる「ハロウィンバージョン」の描き下ろしデフォルメキャラクターが登場。オリジナルの商品や景品にデザインされているほか、デザート&フードにもイラストが使われている。

常設の「黒子のバスケ」エリアでは、キャラクターの録り下ろしオリジナル音声と一緒に名シーンを再現する「キセキのコート」に、"紫原敦"が登場。これを記念して、ハロウィンにちなんだ「TRICK or TREAT? むっくんのオジャマお菓子パーティー!」など各種イベントが実施される。

営業時間は午前10時〜午後10時(最終入園は午後9時)。入園料は大人(高校生以上)800円、子ども(4歳以上中学生以下)600円、4歳未満無料。

また、サンシャインシティ内の施設「サンシャイン60展望台」でも、「黒子のバスケ〜キセキの展望台〜inサンシャイン60展望台」と題したイベントが同時期に開催されており、あわせて遊ぶことができる。