ロングユースのチャイルドシートで快適ドライブ

写真拡大

ナカバヤシグループのチャイルドシートメーカー リーマン(愛知県愛西市)は1歳から11歳頃まで使えるロングユースのチャイルド&ジュニアシート『フィーカDX』を2014年10月上旬に新発売する。

1歳から4歳頃までは「チャイルドモード」、3歳から7歳頃までは「ハイバックモード」、6歳から11歳頃までは「ブースターモード」でお子様の成長に合わせて買い換え不要で、長い期間使用することができる。

長時間のドライブでもお子様が疲れにくいよう、頭を支える「ヘッドサポート」や座った姿勢を保持しやすい「ランバーサポート」の形状を工夫した。

また、横方向の衝撃に対応できるようヘッドレスト側面のクッションを通常の3倍の厚みを持たせ、さらに、通気性がよくシート内に熱がこもらないよう「エアフリーシート」や「3Dメッシュ」を採用した。お子様がより快適なドライブを楽しむことができる。