『livedoor Reader』サービス終了を撤回

写真拡大

 RSSリーダーサービス『livedoor Reader』は10月15日、1日に発表していたサービス終了の撤回を発表した。

 撤回に至った理由と現状については、livedoor Reader開発ブログを通じて「みなさまのご要望を受けこれを撤回し、サービス継続の道を検討中」と説明。
サービス継続の詳細については、決まり次第追って発表するという。

 『livedoor Reader』は2006年4月よりサービス開始。1日の発表では12月25日をもって終了するとしていた。

【関連:RSSリーダー『livedoor Reader』12月でサービス終了】

『livedoor Reader』サービス終了を撤回