●ちぎれた絆

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©草凪みずほ・白泉社/暁のヨナ製作委員会
<キャスト>
ヨナ:斎藤千和
ハク:前野智昭
スウォン:小林裕介
キジャ(白龍):森田成一
シンア(青龍):岡本信彦
ジェハ(緑龍):諏訪部順一
ゼノ(黄龍):下野 紘
ユン:皆川純子
ケイシュク:吉野裕行
ミンス:山本和臣
イル:赤城進
ユホン:江川央生

●ストーリー
建国神話・四龍伝説が伝わる高華王国。
緋龍城では当時、
王の他には世継ぎの王子も、世継ぎを産むお妃も無く
ただ齢十五の王女・ヨナが、大切に大切に育てられていた――。

そして迎えた十六歳の誕生日。
武器を厭う心優しい父王・イル、幼馴染で護衛のハクや、
ヨナが想いを寄せていた従兄のスウォンと共に、幸せな一日を過ごす……はずだった。

宴の夜、スウォンとの婚姻を反対するイルに、
ヨナは自分の気持ちを伝えに行く。
しかし、イルの部屋で彼女が遭遇したのは思いもよらぬ過酷な現実で……!?

ヨナと四龍、それぞれの運命が絡みあう、
激動の大河ファンタジー・ロマン――!
●オープニング
ヨナが16歳の誕生日を迎えた日の夜、父王・イルが憧れであったスウォンに殺害された現場を目撃してしまいます。声を失うヨナ、そこでスウォンがはっきりと、

スウォン「私が殺しました…。」
●スウォンの恨み
これはスウォン一派による高華王国へのクーデター(簒奪)、しかし夜遅くのため気付く者はいませんでしたが…。

兵士A「賓客は宴の酒で酔い潰れている。後はハク将軍の動きのみが気掛かりですが…。」
ハク「だれが気掛かりだって?詳しく聞かせてもらおうじゃないか。」


※当然ながら兵士達も今回のクーデター加担側。ヨナの味方はハク他少数のみ。

ヨナ「スウォン、なぜ父上を…。」
スウォン「ヨナ、我が父・ユホンを覚えていますか?」


スウォンの父・ユホンは長男であり、武勇にも優れていながら王位継承は弟のイルとなり、更にユホンの事故死がイルによる殺害だと信じていたため(この件についての真偽は不明)、彼は王位簒奪を画策したのでした。

スウォン「何故今日は王の部屋に来たのですか?」
ヨナ「私は父にスウォンとの婚姻を許してもらおうと…。」


その直後、城内に火が放たれ、ヨナは逃げ出そうとするもスウォン一派達に捕えられ殺害されようになります。

もはやヨナの生命は風前の灯火。そこにやってきたのは、

ハク「どうも嫌な予感がして来てみれば!」
●ヨナとハク
ハク「イル陛下はどうなされている?」
スウォン「私が地獄に送りました。」


スウォンの発言がにわかには信じられなかったハクですが、その刹那、スウォンに斬りかかります。

ハクの戦闘力は格段に上なれど多勢に無勢、ハクは兵士に取り押さえられます。ところがそこに一条の矢が!

その隙を突いてハクはヨナを連れて物陰へ身を潜めます。先ほどの矢はミンス、彼はヨナの数少ない味方なのですが…。

ミンス「姫様、国王様は本当にお亡くなりになられたのですか?」

言葉が出ないヨナ。そんな彼女に、

ミンス「私が引き付けます。姫様もご無事で。」

彼はヨナの羽織を被り、囮役を買って出て矢の雨によって絶命します。

ヨナ「ハク、ミンスは死んだの?私もスウォンに殺されて死んじゃうのかな?」
ハク「あんなくそったれにやる命なんて無え!」


ハクはヨナを連れて遠方へ逃げ出すも、悲しみの癒えないヨナ。そんな彼女をハクは抱きしめます。それから後、ヨナは…。

「暁のヨナ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「暁のヨナ」第1話「王女ヨナ」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「暁のヨナ」TVアニメ公式Webサイト
「暁のヨナ」AT-X公式Webサイト