クウェート遠征に臨む大分のノブニブコンビがコメントを発表

写真拡大

 日本サッカー協会は15日、20日から30日までクウェート遠征を行うフットサル日本代表メンバー14名を発表した。バサジィ大分からは、FP小曽戸允哉とFP仁部屋和弘の2選手が選出された。小曽戸は5月のアジア選手権以来となる選出。仁部屋は9月の静岡合宿以来の選出となっている。現在、リーグ暫定首位の大分は、この遠征中に大阪とのリーグ戦を行うが、この試合を中心選手であるノブ・ニブコンビ抜きで戦うこととなる。

 クラブを通じて、ノブこと小曽戸允哉は「日本代表に選出して頂き、大変光栄です。リーグ中にも関わらず、送り出してくれたクラブに感謝するとともに成長して残りのリーグ戦にも活かせるように頑張ってきます。応援を宜しくお願いします!」と、コメントを発表。また、ニブこと仁部屋も「代表メンバーに選ばれたことをとても嬉しく思います。また、シーズン中にも関わらず代表に送り出してくれたチームに感謝します。そして、今回の遠征と試合でも楽しんでプレーして来たいと思います。応援よろしくお願いします!」と、クラブへの感謝を口にしている。

 以下、選手プロフィール

●小曽戸 允哉

オソド ノブヤ

■ポジション

FP

■生年月日

1983年6月28日

■身長/体重

167/70

■出身地

埼玉県

●仁部屋 和弘

ニブヤ カズヒロ

■ポジション

FP

■生年月日

1987年12月13日

■身長/体重

175/71

■出身地

大分県大分市