阪神が快勝、巨人は無死満塁で代打・セペダが最悪の併殺打

ざっくり言うと

  • セ・リーグのCSファイナルステージで、巨人が阪神に1ー4で敗れた
  • 7回無死満塁というチャンスでは、代打・セペダが最悪の併殺打に
  • 先発の内海も立ち上がりを攻められ、8球で3点を失う大乱調だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング