写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイのコレクターズ事業部が新たに展開するアクションフィギュア「ネクスエッジスタイル」シリーズより、2015年2月に発売される『ネクスエッジスタイル[BRAVE UNIT] ジェネシックガオガイガー』の予約受付が、全国の家電量販店、ホビーショップ、オンラインショップなどでスタートしている。価格は2,700円(税込)。

「ネクスエッジスタイル」は、アクションフィギュア「ROBOT魂」シリーズで培われた造形や可動のノウハウを用いた、新世代のアクションフィギュア。約4頭身のデフォルメサイズながらもこれまでのSD体型よりはリアルに近く、エッジの効いたデザインとシルエットで表現する「EDGE PLUS」アレンジにより、立体としての見栄えを追求している。

第1弾『ストライクフリーダムガンダム』(2011年11月発売)、第2弾『マジンカイザー』(2014年12月発売)、第3弾『デスティニーガンダム』(2015年1月発売)に続く「1st SEASON」の締めくくりとなる第4弾は、2000年に発表されたOVA作品『勇者王ガオガイガーFINAL』から「ジェネシックガオガイガー」を立体化。必殺技「ヘルアンドヘブン」をはじめとしたさまざまなアクションポーズを、高い可動性能により再現することができるという。

「ヘルアンドヘブン」状態は専用手首を使用し、右手首は専用STAGEを使用することで、「ブロウクンマグナム」形態を再現することも可能。そのほか、シリーズ共通の専用STAGEが付属する。セット内容は本体に加え、交換用手首(左右)、ヘルアンドヘブン用手首、ブロウクンマグナム用ジョイント、専用STAGE一式。

なお、9月に開催された「第54回全日本模型ホビーショー」では、第1弾『ストライクフリーダムガンダム』に装着可能な『ネクスエッジスタイル[MS UNIT] ミーティア』の彩色試作も展示されている。

(C)サンライズ