「Steins;Gate Sponsored by IBM 聡明叡智のコグニティブ・コンピューティング」(画像は特設Webサイトのスクリーンショット) / (C) IBM japan. All Rights Reserved.

写真拡大

2009年の発売から5周年を迎えるゲーム「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」シリーズと、PC関連企業・日本IBMとのコラボ企画「Steins;Gate Sponsored by IBM 聡明叡智のコグニティブ・コンピューティング」が始動した。

10月15日(水)に特設Webサイトが開設され、そこで新作ミニアニメーションが公開。



新作ミニアニメは、全部で4作品が予定されており、今回はその第1弾「クッキング編」を公開。今後は「ナビゲーション編」、「ファッション編」、「会議編」を順次公開していく。

IBMが実際に研究を進めているコグニティブ・コンピューティング・システム(自然言語を解釈し、あらゆる情報から学習した上で人々の意思決定を支援するシステム)を享受するキャラクターたちの様子が描かれる。

志倉千代丸さんとIBM所長の対談も!


『STEINS;GATE』メインビジュアル(画像はゲーム『STEINS;GATE』公式サイトより)

『STEINS;GATE』メインビジュアル(画像はゲーム『STEINS;GATE』公式サイトより)



『STEINS;GATE』は2009年にXbox 360向けに発売された、タイムトラブルをテーマにした想定科学アドベンチャーゲーム。

中二病を患わせた主人公・岡部倫太郎が、過去にメールを送ることができるタイムマシン「電話レンジ(仮)」の開発をきっかけに、世界規模の大事件へと巻き込まれる姿を描いている。

個性的なキャラクターや複雑な伏線が張り巡らされたストーリーが人気を集め、WindowsやPSP、PS3へ移植されたほか、2011年のTVアニメ化を皮切りに、映画化やノベライズ、舞台化など、様々なメディアミックス展開が行われてきた。

今回のIBMとのコラボは、IBM製の世界初の商用デスクトップパソコン「IBM5000」をモデルとした「IBN5000」が、作中のキーアイテムとして登場することから実現した。

特設Webサイトではミニアニメの公開に加え、本シリーズを手がける株式会社MAGES.の代表取締役社長・志倉千代丸さんと、IBM東京基礎研究所所長・森本典繁さんとの「創作世界とエンジニアリングの交差点」をテーマとした対談も公開中だ。