渡り蟹入り海鮮鍋

写真拡大 (全9枚)

 ぐるなびは、一般ユーザーを対象に「この冬食べてみたい鍋」について調査を行った。

 調査の結果、食べてみたい鍋の1位は「プレミアム鍋」(84.4%)だった。また、食べてみたいプレミアム鍋の食材を聞いたところ、1位「カニ」、2位「フグ」、3位「フカヒレ」という結果となった。

 1位の「カニ」は冬に旬を迎える高級食材の中でも代表的な一品で、使用するカニの種類に応じてさまざまな鍋のスタイルがあるが、カニそのものが高タンパク・低カロリーなので、ダイエットにもよいといわれている。スープはしょうゆベースが主だが、海鮮をたっぷり使い、味噌バタースープでコクのある味付けやカニトマト鍋などイタリアン風の変わり種も多くあるという。

 2位の「フグ」は「西のフグ、東のアンコウ」と並び評される冬の味覚を代表する食材で、その見た目から淡白な味と思われがちだが、うまみが強く、その身は噛むほどに味わいがあるという。「フグちり」でポン酢とあわせるのが一般的だが、醤油と砂糖で甘辛く煮込んだ割下を使用したフグ鍋や、フグのすきやきといった変わった食べ方も人気とのこと。

 3位の「フカヒレ」は、サメ本体の約0.5%〜1.0%しかないといわれる貴重な高級食材で、ヒレの形を保ったものが最も高級とされている。ゆっくりと煮込むことで上質なコラーゲンが溶け込み、濃厚な出汁が出るので、美肌に効果があるといわれている。スープは塩味や鳥白湯スープが人気だという。